法大の入試を妨害した疑い 中核派活動家6人を逮捕(産経新聞)

 法政大学(東京都千代田区)の入試を妨害したなどとして、警視庁公安部は5日、威力業務妨害などの疑いで、住所不詳、中核派全学連活動家、本山隆介容疑者(30)ら男女6人を現行犯逮捕した。公安部によると6人は黙秘しているという。

 逮捕容疑は、同日午前9時55分ごろ、法大市ケ谷キャンパス正門付近で、拡声器などを使用して大音量で大学側を批判し、入試の案内業務を妨害するなどしとしている。

 公安部によると、大学側は数回、中止するよう警告したが、本山容疑者らは約1時間にわたり演説を続けた。入試は午前10時半からで、入試自体には影響はなかったという。

【関連記事】
還暦過ぎても革命家…彼はラーメンをすすっていた
早大当局VS革マル派 元総長の12年戦争
大学構内でビラ配り 中核派活動家に罰金刑
虚偽名義で車両登録 中核派活動家ら逮捕
週刊現代の「JR東労組」記事で講談社に賠償命令

「外しに時間」特殊ねじ効果 車やバイクのナンバープレート、盗ませへん(産経新聞)
<死因究明制度>あり方検討の研究会が初会合 年内にも提言(毎日新聞)
丸ノ内線が運転再開も停電でまた全線ストップ(産経新聞)
2度目の新婚旅行は“乗り鉄”で 計88歳以上の夫婦限定「パス」(産経新聞)
離陸滑走中、NZ機が急停止・車輪から煙…成田(読売新聞)
[PR]
by x8pmkuwooo | 2010-02-08 03:00


<< 新幹線トラブル、原因はボルトの... <横浜事件>65年…「やっと答... >>