同級生に決闘させる 高校2年の少年逮捕 (産経新聞)

 同級生に決闘をさせたとして、栃木県警那珂川署は22日、決闘の疑いで、高校2年生の少年(17)を逮捕した。少年は「決闘には立ち会っていない」と容疑を否認している。

 同署の調べによると、少年は4月20日午後5時ごろ、那須郡内で高校の同級生の少年2人(いずれも16歳)に「タイマン」と称して決闘をさせ、その場に立ち会った疑いが持たれている。

 同署によると、決闘した少年はいずれも顔面打撲などの軽傷。同署に被害届が出され、犯行が明らかになった。

【関連記事】
大阪府警、「決闘」容疑で堺市内の中学生グループを書類送検
タイマンが“集団リンチ”へ…中学生がキレた一言
「ゆとり見直し」教科書検定 資料公開でプロセス明らかに
全国学力テストから検証 新学習指導要領、効果は?
新聞記事や割引券…実用的学力重視 学力テスト

車両燃え、男性死亡=タクシー運転手か―神奈川(時事通信)
郵政改革法案 衆院で審議入り 5野党は本会議に欠席(毎日新聞)
ウイルス作成者ら2人逮捕=個人情報流出、現金詐取容疑―全国2例目・警視庁(時事通信)
普天間方針、福島氏「首相発言」で決定に反対(読売新聞)
<口蹄疫>「全頭処分」も検討 平野官房長官(毎日新聞)
[PR]
by x8pmkuwooo | 2010-05-27 21:08


<< <CO2>「輸入」日本2位 製... 「一部ユニット型」特養、広島に... >>