弟助けようと海に飛び込み、10歳兄死亡(読売新聞)

 5日午後4時50分頃、佐賀県唐津市東大島町のフェリー発着場近くの海で、兄弟2人がおぼれていると唐津市消防本部に119番があった。兄弟は救助されて病院に運ばれたが、兄は死亡が確認された。弟は意識があるという。

 唐津署の発表によると、兄弟は同市八幡町、西唐津小5年有村明輝人(あきと)君(10)と、保育園児の岳朗ちゃん(4)。近所の子どもと計5人で一緒に遊んでいたところ、岳朗ちゃんが高さ約2メートルの護岸から海に転落。明輝人君とその同級生が飛び込み、助けようとしたが、同級生は救助できないと判断して護岸に上がり、近くにいた大人に助けを求めた。明輝人君は護岸に上がらずにおぼれたという。

中古携帯の利用者に相次ぐ“災難”、訴訟発展も(読売新聞)
権限移譲に閣僚抵抗 看板倒れの政治主導(産経新聞)
「雇用支援機構」入札白紙へ、すべて傘下落札で(読売新聞)
<若林議員辞職>「なぜ押したのか」 首ひねる閣僚たち(毎日新聞)
<佳子さま>高等科の入学式に出席(毎日新聞)
[PR]
by x8pmkuwooo | 2010-04-08 00:45


<< 首都高の上限900円 高速新料... 首相またまた開き直り 普天間期... >>