<脱税>「水谷建設」元会長を仮釈放 08年5月に収監(毎日新聞)

 法人税法違反(脱税)で懲役2年の実刑が確定、服役中だった中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)の水谷功元会長(65)が24日、刑期満了を前に三重刑務所(津市)から仮釈放された。08年5月に収監されていた。

 同社は、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」に、元私設秘書の衆院議員、石川知裕被告(36)=同法違反で起訴=らを通じて04年10月と05年4月、各5000万円を資金提供したとされる疑惑がある。石川被告は同社からの資金提供を全面否定、保釈条件で同社元幹部らとの接触を禁じられている。

 水谷元会長は午前8時40分ごろ、刑務所前に集まった報道陣の呼びかけに応じず、迎えの車で立ち去った。【福泉亮】

【関連ニュース】
大分コンサル脱税:大光など3社に罰金3億円超求刑
東京地検:弁護士と元妻を8億円脱税で起訴
脱税:3500万円 容疑で79歳税理士告発 東京国税局
名進研:社長を在宅起訴…脱税割合高く悪質 岐阜地検
脱税容疑:ビル転売の所得申告せず 東京の2社長を告発

池谷氏当選なら3度目結婚も(スポーツ報知)
1世帯最大579円を上乗せ 再生可能エネルギー買取制度の負担試算(産経新聞)
都監察医務院、遺体を取り違え解剖(産経新聞)
神戸淡路鳴門道でトンネル事故、2車線通行規制(読売新聞)
シュワブ陸上案軸に対米交渉をスタートへ 普天間移設で政府(産経新聞)
[PR]
by x8pmkuwooo | 2010-03-29 11:46


<< 特養の介護職員による吸引や経管... 韓国に不正送金で女4人逮捕=「... >>