不法な妨害、毅然と対処=赤松農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は12日の閣議後会見で、反捕鯨団体「シー・シェパード」の活動家が南極海で日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」に侵入した事件について「毅然(きぜん)とした態度を取るのは当然だ。こういう姿勢で、これからもやっていきたい」と述べた。今後も政府としては、不法な妨害活動に対し現場での身柄拘束も含め厳しく対処する意向を強調したもの。
 同相は、今回の政府の対応について「間違っていなかった」と言明。国際問題に発展する可能性も「ない」と否定した。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】米アカデミー賞
〔写真特集〕調査捕鯨
日本の違法性示す=裁判で世論刺激も狙う
シー・シェパード活動家を逮捕へ=東京港到着の捕鯨船内で

偽札使用容疑で男2人逮捕=東北各地の事件で初−青森県警(時事通信)
<吉川英治賞>文学賞に重松清氏の「十字架」など決まる(毎日新聞)
「笑い」の学者しのぶ 関西大教授、木村洋二さん(産経新聞)
高2死亡で男子生徒書類送検=アーチェリー練習、矢刺さる−重過失致死容疑・警視庁(時事通信)
裁判員判決を修正=量刑理由の一部分−裁判官、後日作成の書面で・岡山(時事通信)
[PR]
by x8pmkuwooo | 2010-03-13 07:43


<< 捕獲禁止で見守るのみ…衰弱オッ... <4歳児衰弱死>市が対応協議中... >>