五木寛之さんが直木賞選考委員辞意(時事通信)

 1978年から直木賞の選考委員を務める作家五木寛之さん(77)が、同委員を辞任する意向を関係者に伝えていたことが20日分かった。
 19日発行の「日刊ゲンダイ」の連載エッセーで明らかにした。22日発売の「オール読物」(文芸春秋)3月号の中で、佐々木譲さんの同賞受賞作「廃墟に乞う」についての選評に「大きな間違い」があった責任を取るとしている。同誌編集部によると、五木さんは作品中になかった「破顔する」という表現について論じた。文芸春秋側は慰留している。 

<受動喫煙防止>分煙では不十分 「全面禁煙」厚労省通知へ(毎日新聞)
米子の2人強殺公判、遺族が厳しい処罰感情(読売新聞)
<北教組違法献金事件>小林議員の関与を会計担当者が否定(毎日新聞)
ひき逃げの米兵、無罪主張=死亡させた事実は認める−那覇地裁(時事通信)
元入管職員、収賄認める(産経新聞)
[PR]
by x8pmkuwooo | 2010-02-26 14:52


<< 競泳「銅」の源純夏氏、参院選自... 「今後も骨太の言論を」 正論新... >>